里山里海湖リーダーズカレッジ 2017

【 ~活かそう!里山里海湖の資源~ 】

 里山里海湖の資源を守っていくためには、多くの人々が自然体験や自然再生活動を行うことが重要です。研究所では、地域で頑張る自然再生団体等の指導者のレベルアップや一般県民の関心を高めるためにリーダーズカレッジを開催しています!

対 象:福井県在住の方

会 場:AOSSA(アオッサ)福井市地域交流プラザ 6階研修室(607)
      
福井市手寄1丁目4-1 JR福井駅東口徒歩1分

受講料:無料 *講座ごとに申し込めます。

定 員:70名(先着順)

開 催 講 座 一 覧
第1回 7/10 
  18:30~20:00 

終了

「ヤマトシジミと里山・里湖のつながり」
シジミが生息する場所はヒトの生活と密接な関わりがあります。私たちは“しじみ”を単に食材としか見ていない。地球に生きるヒトとして、シジミの役割を考え、漁業の価値と役割を考えましょう。
講師:学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科 教授
   環境教育センター所長
   一般社団法人フードコンシャスネス研究所 所長
  品川 明
第2回 8/25 金
   18:30~20:00

終了 

「ドイツのグリーン・ツーリズム~里山の利用につながる共通点~」
農業生産性の低さを補う手段として、ドイツのバイエルン州の中山間地域で始まったグリーン・ツーリズム。発展の歴史や経緯から日本の里山の利用につながる共通点を探ります。

講師:国際環境NGOバードライフ・インターナショナル東京 代表
   鈴江 恵子
               
第3回 9/15 金
  18:30~20:00

終了
「海・里・山 地球史と人類史」
永く永く続く生命の営みの断片が、海・里・山を通じて、思った以上に、私たちの生活に密接に織り込まれています。今後、人間がどのように海・里・山と関わっていくべきなのかを提言したいと思います。

講師:株式会社オークヴィレッジ 会長
   正プラス株式会社 代表取締役
   稲本 正

第4回 10/16 月
  18:30~20:00

終了

「最近の旅行者行動と″選ばれる″ための地域の魅力づくり」
情報化社会の中で多様化する人々の価値観や行動をデータや事例から把握するとともに、地域の自然や生活文化の魅力を新たにとらえ直し、外部に伝える方法を提案します。

講師:株式会社JTB総合研究所 執行役員企画調査部長
   波潟 郁代
第5回 11/20 月
  18:30~20:00
「『木を使い切る』真庭の取り組みについて」
『木を使い切る』岡山県真庭市での木質バイオマスの取組み、日本の林業を変える新しい建築材料CLTの海外の実例や日本の現状などを紹介します。

講師:銘建工業株式会社 代表取締役社長
   NPO法人21世紀の真庭塾 代表
   中島 浩一郎

*詳しくはこちらをご覧ください
[ 里山里海湖リーダーズカレッジ2017チラシ(受講申込書)]
[ 2回・3回 チラシ ]  
[ 4回・5回 チラシ ]

[ お問合せ・お申し込み ]

主 催          さとやまさとうみ
福井県里山里海湖研究所
  〒919-1331  福井県三方上中郡若狭町鳥浜 122-31-1
TEL 0770-45-3580 (受付:8時30分~17時15分  [年末年始を除く])
FAX  0770-45-3680
E-mail satoyama@pref.fukui.lg.jp
HP   福井県里山里海湖研究所