第4回 ふくいエコ・グリーンツーリズムカフェ

【テーマ】
エコ・グリーンツーリズムの資金調達を考える
~持続可能な地域づくりを目指して!~

 北海道でナショナルトラスト活動の資金調達を担当し、継続的な地域づくりを展開していた阪野氏と、鯖江市のNPO中間支援団体で活躍している嶋野氏を招き、社会課題にアプローチした地域づくりとエコ・グリーンツーリズム活動とをつなげ、どう多様な人たちから応援され、地域活動を継続性のあるものとしていくかを考える。

%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7    エコ・グリカフェとは? 
 県内外の地域づくりや、里山里海湖資源を活用したビジネスに関わる人たちのお話を聞き、参加者と双方向で意見交換できる場です。気軽にお茶でも飲みながら、地域で頑張っている人の話を聞きながら、お話ししてみませんか?
 
 ・・・こんな方におすすめ・・・
「まちづくり」という言葉が気になる
   
里山が資源と感じる
       
里山里海湖資源でビジネスをしたい
           
地域おこし協力隊に興味がある

開催日時 2018. 1. 31 (水)  19:30~21:00  (19:00  受付開始)
開催場所 ふくい農業ビジネスセンター 
   (〒915-1201 越前市安養寺町142-27-1)
講  師  [コーディネーター]
・宮田 正信
(みやた まさのぶ)
    
ふくい農業ビジネスセンター ゼネラルマネージャー
[パネラー]
・阪野 真人 (ばんの まさと)
    
若狭町地域おこし協力隊 (愛知県出身)
・嶋野 尚美 (しまの なおみ)
    
認定NPO法人さばえNPOサポート  事務局長 (福井県大飯郡高浜町出身)
参  加  費 無料
参  加  者 18歳以上 
定   員 20名 ( 事前申込制 )
 
*当日参加の方も準備がありますので  ご連絡ください。
申込締切 2018/ 1/ 26 (金) 
講師プロフィール
〇阪野 真人 (ばんの まさと) 
若狭町地域おこし協力隊

 1980年愛知県生まれ。2005年より北海道の認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストにて、エコツーリズム担当として就任。豊かな自然を活かしたツアー以外にも、一次産業をベースにした地域住民主体のエコツアーを開発。同団体は、自然保護と地域活性化を両立するエコツーリズムのモデルとして、第三回環境省エコツーリズム大賞において大賞を受賞。最終的には、指定管理制度により運営を行っている霧多布湿原センターの館長と同NPOの事務局長として、団体のファンドレイジングや人材育成といった組織のマネジメントを行う。2016年4月より若狭町の地域おこし協力隊に就任し、移住・定住・空き家などを担当する。移住したくなるまちづくりを模索しながら、若狭町のグリーン・ツーリズムのサポートや県内のNPO支援など幅広く活動を行う。
  認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト研究員  環境省エコツーリズム推進アドバイザー
〇嶋野 尚美 (しまの なおみ) 
認定NPO法人さばえNPOサポート  事務局長

 
福井県大飯郡高浜町出身。福井銀行入行・大津支店に勤務。結婚で鯖江市へ。主婦・パート時代にPTA役員を務めたことがきっかけで、中間支援組織であるNPO法人鯖江市民活動交流センター(現在のさばえNPOサポート)に、2003年から事務局員として勤務。2006年、法人が「さばえNPOセンター」の指定管理者となるのを機に事務局長に就任。現場の視点から、様々な立場の人や団体の間に入りサポートやコーディネートをしている。

*こちらのチラシをご覧ください。
 [ 第4回ふくいエコ・グリーンツーリズムカフェ チラシ(参加申込書)]

<お問合せ・お申込み先>

*申込方法
 ① 必要事項を 、上記チラシ(参加申込書) にご記入いただき FAX または、
 ② [ 申込フォーム ]  からお申込み下さい。

お問合せ・お申込み先 公益社団法人 ふくい農林水産支援センター  担当:荻田、加藤
  ふくい農業ビジネスセンター内( 〒915-1201 越前市安養寺町142-27-1)
TEL 0778-29-2131
FAX 0778-29-2133
E-mail info@fukui-ecogreen.org
HP [ (公社) ふくい農林水産支援センター ]
FB [ ふくいエコ・グリーンツーリズムネットワーク ]

≪ 主催     福井県・(公社) ふくい農林水産支援センター  ≫